プールやボウリング場など休業要請緩和へ 愛知県

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.05.19 12:00

 愛知県独自の緊急事態宣言が続く中、大村秀章知事は19日、プールやボウリング場、ホテルの宴会場などの休業要請を緩和すると発表しました。

 この日の会見で大村知事は「社会経済活動のレベルを段階を追って引き上げていく。順次(緩和を)していきたい」と話しました。

 19日に休業要請が緩和されたのは、プールとボウリング場、床面積が1000平方メートルを超えるホテルや旅館の宴会場です。

 愛知県は、県独自の緊急事態宣言が今月31日まで継続されていますが、感染者数や陽性率、入院者数が判断指標を大きく下回っていることなどから緩和したということです。

 一方、接客を伴う飲食店やカラオケ、ライブハウス、パチンコ店、スポーツジムなどは、引き続き休業要請が継続されています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース