全国知事会 国に対して5項目の緊急提言 愛知、三重知事ら発言

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.05.12 12:13

 12日、全国知事会が開かれ、国に対しての緊急提言が話し合われています。

 緊急提言には今後、緊急事態宣言が一部地域で解除された場合でも県をまたいだ移動制限をもうけることや持続化給付金など、追加予算をもとめることなど大きく5つの項目にまとめられ、知事らが意見を出し合っています。

 三重県の鈴木英敬知事は、医療体制への支援や売り上げが減少した事業者には、定額制の給付金などの財政支援も重要と話しました。

 また、愛知県の大村秀章知事は、地域ごとの特色に応じた対策を機動的にやっていく必要があると話し、国に対しては交付金の増額などを主張しました。

 また、9月入学制度については制度としては賛成だが、ある程度の移行期間が必要との認識を改めて話しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース