“新型コロナの消毒液を販売”詐欺未遂か注意呼びかけ 愛知県警

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.03.27 08:33

 新型コロナウイルスの感染対策として使われる消毒液について、購入を促す不審な電話があり、警察が注意するよう呼びかけています。

 今月20日ごろ、愛知県愛西市の女性(80代)の自宅にデイサービスの関係者を装った男から「消毒液が手に入ったからお宅に持っていく。コンビニで1万円払って」などと電話がありました。不審に思った女性が「お断りします」と電話を切ったため、被害はありませんでした。

 その後、女性が利用しているデイサービスの施設に問い合わせたところ、消毒液は販売していませんでした。

 警察は新型コロナウイルスの感染拡大に付け込んだ詐欺未遂事件の可能性もあるとみて捜査するとともに、「新型コロナウイルスに関するお金の話は、一人で判断せず家族や警察に相談してほしい」と呼びかけています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース