学童保育の子どもたちが元気に体操

この記事をシェア

  • LINE
秋田2020.07.29 19:20

小中学校の夏休みは市町村によって違いますが、すでに夏休みが始まっているところもあります。大仙市では放課後児童クラブ、いわゆる学童保育の子どもたちを対象に体操の特別教室が開かれ、みんなで元気いっぱい楽しく体を動かしました。
教室は夏休み中の多くの時間を放課後児童クラブで過ごす子どもたちに元気いっぱい体を動かしてもらおうと大仙市教育委員会が企画しました。29日(水)は大曲小学校内にある児童クラブの子どもたちおよそ90人が参加。じゃんけんを使った体操や家でも簡単にできるストレッチを市の職員から教わり楽しみました。また、29日は大仙市の地域おこし協力隊がバンド演奏を披露。人気の曲で子どもたちを楽しませました。大仙市教育委員会は体操だけでなく工作体験や読み聞かせなど、さまざまな教室を各地区にある児童クラブで開くことにしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース