秋田県 同僚から現金盗む秋田駐屯地男性隊員が免職

この記事をシェア

  • LINE
秋田2020.07.29 13:16

陸上自衛隊秋田駐屯地の22歳の男性隊員が同僚2人から現金およそ10万円を盗んだとして懲戒免職処分となりました。
陸上自衛隊秋田駐屯地によりますと、22歳の男性隊員は、2019年10月、駐屯地の同僚の部屋から現金5万8000円とおよそ8万円相当の財布を盗みました。同僚が部隊に被害を報告し、調査したところ、男性隊員が2017年12月にも別の同僚の部屋から現金4万5000円を盗んでいたことが発覚しました。男性隊員は、「遊ぶ金が欲しかった」と話したということです。秋田駐屯地は、28日付で男性隊員を懲戒免職処分としました。五十嵐雅康第21普通科連隊長は、「二度とこのようなことが起きないよう、さらに全隊員に対し教育を徹底し信頼回復に努める」とコメントしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース