JA秋田中央会 新会長選びの道筋見えず…

この記事をシェア

  • LINE
秋田2020.06.30 19:32

JA秋田中央会が通常総会を開きました。本来であれば、役員人事案が提出されるはずでしたが、新会長候補を決められないまま総会を迎えました。新会長選出へ事態打開の道筋は見えず退任したばかりの船木耕太郎氏が引き続き会長職務を担う異例の事態となっています。
新型コロナウイルス感染防止のためとして非公開で開かれた通常総会では、県内1JAを目指す組織再編の取り組みなど昨年度の事業や決算が報告されました。総会をもって船木耕太郎氏は任期満了で会長を退任しましたが、新会長選びが暗礁に乗り上げています。JA秋田中央会では、事前に役員推薦会議で新会長候補などを決めた上で総会に諮り承認を得るのが通例となっていますが、意見が割れ、決定に至らないまま総会を迎えました。県内の農業組織のトップが決まらない異例の事態。新会長が決まるまでは退任したばかりの船木氏が引き続き会長職務を担います。船木会長は、「早急に対応する」と述べていますが、新会長選出へ事態打開の道筋は見えていません。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース