都留信組にサイバー攻撃 預金残高の不正操作や個人情報の流出なし

この記事をシェア

  • LINE
山梨2021.11.25 19:43

 都留信用組合のホームページがサイバー攻撃を受けていたことが分かった。

 担当者によると、都留信用組合は23日午後5時~9時ごろまで、HPが閲覧できなくなり、インターネットバンキングにアクセスできなくなった。ほかにも組合を装い、約1万4000件の不審なメールが送られた形跡もあった。預金残高の不正操作や個人情報の流出はなかったという。

 都留信用組合は不審なメールが届いても開かないよう呼び掛けている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース