アニメに登場のガソリンスタンド 通行止めで売り上げ減少で「ゆるキャン△」ファンが支援

この記事をシェア

  • LINE
山梨2021.11.24 19:01

 土砂崩落の影響で通行止めが続く国道300号沿線のガソリンスタンドに支援しようと、アニメファンが給油に訪れる動きが広がっている。

 山梨県身延町を通る国道300号沿いにある三沢屋石油。こちらのガソリンスタンドはことし8月の大雨による土砂崩れで通行止めになっている区間にほど近く、交通量が大幅に減少している。このため店の売り上げが大きく減少しているという。

 こうした状況に手を差し伸べたのは、アニメ「ゆるキャン△」のファンだった。スタンドが原作のモチーフとして登場していて、現状を知ったファンの一人がSNS上でこの店での給油を呼び掛けると、徐々に支援の輪が広がった。

 スタンド側も訪れるファンに喜んでもらおうと、キャンプ用の薪を相場の半額で販売するなど、ささやかな「おもてなし」をしている。三沢屋石油では「厳しい状況が続くが周囲の支援を支えに営業を続けていきたい」としている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース