逮捕された少年「気付かれ抵抗された」された

この記事をシェア

  • LINE
山梨2021.11.23 20:08

 甲府市で住宅が全焼して夫婦が殺害された事件で、逮捕された少年が「就寝中を狙ったが、夫婦に気付かれ抵抗を受けた」と話していることが分かった。
 事件は先月12日未明、甲府市蓬沢の会社員井上盛司さんの住宅が放火され井上さん夫婦が遺体で見つかったもので、警察は井上さんの長女の知人だった19歳の少年を殺人の疑いで逮捕している。 
 捜査関係者によると少年は「就寝中を狙ったが、夫婦に気付かれ抵抗を受けた」と話し、夫婦の遺体からは争った際にできたとみられる傷が確認されたという。また、事件当時、争う声を聞くなどした姉妹は2階のベランダから難を逃れたが、少年は姉妹を探しに2階に向かったものの見つけることができず、その後、家に火をつけたとみられることが供述などから新たに分かった。
 少年は「一家全員を殺そうとした」と供述していて警察は夫婦の強い抵抗で当初の目的を果たせなかったとみて捜査している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース