米沢市・西吾妻山で夏山開き今シーズンの安全祈願

この記事をシェア

  • LINE
山形2021.06.11 21:03

日本百名山の一つ、米沢市の西吾妻山で11日、夏山開きが行われ、関係者らが今シーズンの安全を祈願した。
米沢市の西吾妻山はロープウエーとリフトを乗り継ぎ、標高1800メートル以上の高地まで、気軽にアクセスできることから、トレッキング愛好者の人気を集めている。リフト運行初日の11日、天元台山頂駅で安全祈願祭が行われ、関係者らがシーズンの安全を祈願した。天元台高原によるとことしは春先にかけて気温が上がったことなどで、例年より残雪は少ない。
晴天に恵まれた11日、登山に訪れ、景色を楽しむ人の姿が見られた。福島からの登山客は「毎年天元台は夏山シーズンは5、6回来ている。ここはロープウエー、リフトを使って、ある程度登れるので楽といえば楽」と話す。天元台高原の山田長一社長は「安全運行をしっかりと対応していきたい。高山植物だけでなく色の変化や実がなるなど色々な変化、吾妻の大自然を楽しんでほしい」とPRする。天元台高原によると高山植物の咲き始めは来週ごろからの見込み。今シーズンの夏山リフトは10月24日まで運行される。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース