山形県知事 早急な保育所感染防止ガイドライン策定を求める

この記事をシェア

  • LINE
山形2021.09.11 18:12

 厚生労働省が年内に示す予定の保育所の新型コロナ感染防止策について、吉村知事は11日、県内でも保育所でクラスターが発生していることを踏まえ、迅速な対応を国に求めた。保育所については現在、感染防止に関する指針がなく現場で判断せざるを得ない現状がある。
 吉村知事は「保育所の感染防止策の指針などを年末までに作成するとしているが、それでは遅すぎる。未来を担う子供たちの命と健康を守るために早急に示していただくことを求める」と語った。また、従来から要望してきたワクチンの追加配分のほか、外食産業の低迷によるコメ需要の落ち込みに伴い、米農家の生産意欲向上に向けた給付金制度の創設等を提言した。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース