岩手県盛岡市 秋の叙勲・褒章 達増知事からの伝達式

この記事をシェア

  • LINE
岩手2021.11.22 21:25

秋の叙勲と褒章の受章者に対する知事からの伝達式が22日、盛岡市で行われた。伝達式は叙勲が総務省関係の小綬章以下と厚生労働省関係の双光章以下。褒章は厚生労働省関係の受章者22人が対象で、このうち21人が配偶者と共に出席。受章者一人ひとりに達増知事が勲記、勲章、褒章を伝達・授与し、お祝いの言葉を述べた。
(達増知事)「皆様の受章は広く岩手県民の喜びであり、郷土の誇りとするところであります」「卓越した識見と豊かなご経験をもって後進の指導と県勢の発展のためによりいっそうのご尽力をたまわりますようお願い申し上げます」
このうち、緑綬褒章を受章した盛岡市の朗読奉仕者・和田貴栄子さんは、目が不自由な人のために本を読んで録音した「録音図書」を制作する活動を43年にわたって続け、その数は293タイトルに上るという。
(和田さん)「私自身が本が好きであるという事、本が開いてくれる色んな世界を健常者も障がい者も一緒に味わうための橋渡しみたいな事が出来れば。しかも好きなことを通じてなので、ずっとそれが続けられればと思います」「見える人も見えない人も本の世界の中でどこまでも旅には行ける。その旅のお手伝いが出来たらなと思います」
今年の「秋の叙勲」は県内から87人、「秋の褒章」は1団体と7人が受章している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース