岩手県 天気大荒れのおそれ

この記事をシェア

  • LINE
岩手2021.11.22 13:53

22日は二十四節気のひとつ「小雪」だ。暦の上では寒さが厳しくなる頃とされるが、岩手県内は大荒れの天気になるおそれがある。急速に発達する低気圧や前線の影響で、県内は雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みだ。予想される1時間降水量は多い所で30ミリ、23日午前6時までに予想される24時間降水量はいずれも多い所で沿岸南部100ミリ、沿岸北部80ミリ、内陸60ミリとなっている。また、海上は南寄りの風が強く、しける見込みで、予想される最大瞬間風速は海上で30メートル、波の高さは4メートルとなっている。雨雲が予想以上に発達した場合は警報級の大雨となる可能性があり、気象台で土砂災害や低い土地の浸水などに注意・警戒を呼び掛けている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース