岩手県盛岡市 教科書と異なる岩手の歴史を紹介するテーマ展

この記事をシェア

  • LINE
岩手2021.11.23 19:45

教科書とは異なる岩手の歴史を取り上げた企画展が、23日から県立博物館で始まった。教科書では、弥生時代後半から古墳時代に稲作など最新技術が大陸から伝わり発展したとされているが、寒く米作りに適さなかった岩手ではほかより発展が遅れた。会場には、北海道からの移民が土器や毛皮の加工技術を伝えたことなどを示す資料のほか、野田村の「伏津館跡」(ふしつだてあと)から出土した中国の茶碗やすずりなど、中世の岩手の発展を示す資料も展示されている。展示会は、来年2月6日まで岩手県立博物館で開かれている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース