岩手県 厳しい寒さ和らぐ

この記事をシェア

  • LINE
岩手2021.01.13 12:45

岩手県内は13日朝、多くの地域で3月並みの最低気温となり、これまでの厳しい寒さが和らいだ。午前9時ごろの盛岡市内。街中は濃い霧に覆われていた。13日の最低気温は、葛巻で氷点下8.2℃、盛岡は氷点下3.1℃、宮古で氷点下2.8℃などほとんどの観測地点で12日の最低気温を上回り、3月上旬から下旬並みのところも多くなった。除雪中の人「(昨日と気温は)大分違う。きょう暖かいから、除雪するのに飛ばしにくいんだよね暖かいと。寒い方が除雪早くていいけど」。日中も平年より気温が上がり、厳しい寒さは14日まで和らぐ見込みで、気象台は屋根からの落雪に注意するよう呼び掛けている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース