岩手県 世界の文化を紹介 ワン・ワールド・フェスタ

この記事をシェア

  • LINE
岩手2021.11.23 19:42

世界各国の文化に触れて国際交流を深めようという催しが23日、岩手県盛岡市で開かれた。この催しは、県の国際交流センターなどが毎年開いている。ことしは、世界19か国の展示や体験コーナーが設けられ、岩手で暮らす外国人など34人が自分が生まれた国の文化や伝統などを紹介した。外国人が心を惹かれた岩手の様々な景色を撮影した写真展では、47点がずらりと並ぶ。食文化の違いも学ぶことができる。フィンランドの飴の特徴をあてるクイズに挑戦した子どもは、「フィンランドのお菓子がゴムの味がしていて、いろいろなお菓子があったり、いろんな人がいるので、いつか外国に行ってみたい」。オーストラリア担当者「コアラとカモノハシです。コロナの中でイベントとか、なかなかできない状況ですが、皆さんが少しでも笑顔で海外のことを知っていただければ、岩手に住んでいる外国人としては幸いです」。コロナ禍で気軽に海外旅行ができない状況が続いているが、訪れた人は外国人と交流を深めて楽しんでいた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース