岩手県・達増知事「緊急事態宣言対象地域との往来自粛を」

この記事をシェア

  • LINE
岩手2021.01.14 20:33

政府は13日、緊急事態宣言の対象地域に大阪・京都等、7府県を追加した。岩手県の達増知事は14日開かれた対策本部員会議で追加された地域への不要不急の往来も自粛するよう県民に求めた。達増知事:「改めて不要不急の帰省や旅行など、緊急事態宣言が発令されている地域との往来は、感染拡大防止の観点から自粛をお願いする」新型コロナの感染拡大で政府は緊急事態宣言の対象地域に大阪・京都・兵庫、栃木・愛知・岐阜・福岡の7府県を追加し、すでに発出されている首都圏4都県とあわせて11都府県に拡大した。これを受けて開かれた岩手県の対策本部員会議で達増知事は対象に追加された地域についても不要不急の往来を自粛するよう県民に求めた。通院や介護、リモートワークが難しい場合の出張、入学試験や就職活動等は除く。また、直近1週間10万人あたりの新規患者数がステージ3相当となった隣県の宮城県をはじめ緊急事態宣言の対象外で感染が拡大している地域や自治体独自に外出自粛を求めている地域との往来は改めて慎重に判断するよう求めている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース