特殊詐欺多発 県警本部長が緊急メッセージ

この記事をシェア

  • LINE
長野2021.06.11 12:30

今年に入り県内で特殊詐欺被害が多発しているとして11日、県警の安田浩己本部長が緊急メッセージを出しました。


県警の安田浩己本部長は「キャッシュカードを預かるまたは交換すると言われたらそれは詐欺です。絶対に渡さないでください」と呼び掛けた。

県警によりますと、今年の県内の特殊詐欺被害は9日までに72件、1億2703万円余りと件数・被害額共に前の年の同じ時期を上回っています。なかでもキャッシュカードを狙った被害が半数を占めていて県警は県などと共同で広報啓発活動を強化します。

警察は犯人からの電話を受けないことが有効だとして常に留守番電話に設定するなど電話の対策を呼び掛けています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース