感染対策万全に あすから大学入試共通テスト試験会場では準備【長野】

この記事をシェア

  • LINE
長野2022.01.14 17:54

本格的な受験シーズン到来です。あすからの「大学入学共通テスト」を前に試験会場では感染対策など準備が行われました。

信州大学松本キャンパスでは職員が正門に看板を設置。試験会場では受験生が使う机や椅子をアルコール消毒し受験番号などが書かれたシールを貼っていました。試験当日受験生には入り口での手指消毒や鼻と口を覆うマスクの着用を徹底、昼食は自席でとるなどを呼びかけています。また、試験会場は常に窓を開けて換気を行います。

信州大学 奥原忠孝入試課長
「もし体調がおもわしくないという場合には無理をせず追試験を申請することができますから気持ちの余裕をもってむらって試験に臨んで頂きたいと思います」

大学入学共通テストは15日と16日の2日間で県内の志願者は去年より176人少ない9485人となっています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース