身近なものに目を向けて 木曽町で園児がSDGs(持続可能な開発目標)学ぶ

この記事をシェア

  • LINE
長野2021.11.25 12:21

木曽郡木曽町の幼稚園では園児が持続可能な開発目標=SDGsについて学ぶ授業が開かれました。

これは子どもたちに身近な環境問題を考えるきっかけをつくってほしいと町がSDGsに取り組んでいる地元企業の担当者を招いて行ったものです。

25日、木曽幼稚園の園児とその保護者19人が自然環境を守るためにプラスチックゴミを海や森に捨てないことなどを学んだほかリサイクルのマークがついている商品を探すなど身の回りのものもSDGsに関わっていることを確認しました。

園児は
「いろいろ勉強できた。」

木曽町では来年度も町内の幼稚園や保育園で同様の授業を行いたいとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース