長野県内企業「業績にマイナス影響」63.7% 3か月ぶりに減少

この記事をシェア

  • LINE
長野2021.11.25 11:57

新型コロナウイルスの新規感染者が大幅に減っていることをうけ、「業績にマイナスの影響がある」と答えた県内企業は3か月ぶりに減少したことが分かりました。

先月、帝国データバンクが県内企業529社を対象に行った意識調査で新型コロナの影響について「マイナスの影響がある」と答えたのは63.7パーセントで前の月から5.3ポイント減りました。前の月を下回るのは3か月ぶりです。これは去年2月から毎月実施している調査で調査開始後2番目に低い結果となりました。

また業績に関するマイナスの影響の低下と連動し景気の実態把握をするために行われている景気動向調査でも景気の先行き予測が3か月ぶりに改善に転じていることが分かりました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース