阪神からドラフト3位指名 桐敷拓馬選手 会見で心境語る 「嬉しさと一安心と・・・」

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.10.11 19:55

プロ野球のドラフト会議で11日、新潟医療福祉大学4年の桐敷拓馬(きりしき たくま)投手が、阪神から3位指名を受けました。

午後6時半頃から行われた会見で、現在の心境を語りました。
「こんな自分に3位指名を頂きありがとうございます。嬉しさと一安心という気持ちが第一に浮かんできます。コロナ禍でうまくいかなかったこともありますが、すべてはこの日のためにというのがあったので・・・」と緊張した表情で喜びを言葉にしました。

会見が行われている中で、指名を待っているチームメイトにも思いを寄せ「完全にというより半分嬉しいという気持ちです」と話していました。

桐敷投手は身長178センチ、体重90キロのサウスポー。埼玉県出身ですが、大学のOBでプロ入りした笠原祥太郎投手の影響などで新潟医療福祉大学に入学。最大の武器は、正確にコントロールされた、150キロのストレート。巧みに使い分ける4種類の変化球も持ち味ということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース