J2アルビレックス新潟 痛い離脱…エースの本間至恩選手 肉離れで全治6週間

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.10.13 12:14

サッカーJ2アルビレックス新潟は、エースの本間至恩選手が試合中の接触により全治約6週間のケガをしたと発表しました。J1昇格に向け痛い離脱となります。

10月9日、ホームで行われた山口との試合で先発出場した本間至恩選手。前半43分、相手選手と接触し倒れ、そのまま途中交代しました。

クラブによりますと、その後、右太もも裏の肉離れで全治約6週間と診断されたということです。

本間選手は今シーズン32試合に出場し、6アシスト、5ゴールを決めています。シーズンも残り9試合。J1昇格に向け上位争いを繰り広げているチームにとっては痛い離脱となります。

また、クラブはロメロフランク選手が筋肉系のケガにより練習を離れていることも明らかにしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース