新潟県の『県民割キャンぺーン』再開へ 宿泊客600人超キャンセル…苦境の旅館「大きな喜び」

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.09.15 19:19

新潟県は9月15日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い停止していた「県民向けの宿泊割引キャンペン」を再開すると発表しました。県独自の特別警報が16日をもって解除されるの受けたもので、苦境が続く旅館からは秋の行楽シーズンに向けて期待の声が上がっています。

これは15日の知事会見で発表されたものです。

【新潟県/花角英世知事】
「『使っ得!にいがた県民割キャンぺーン』については、来週の21日から新規予約を再開をいたします」

感染拡大を受け「県民割キャンペーン」は8月4日から予約の受け付けを停止していましたが、9月21日から再開します。
県民を対象に1泊につき最大5000円を割り引くほか2000円分の地域クーポンを配布します。

岩室温泉に宿を構える「ゆもとや」。
女将・高島涼さんです。おもむろに開けた段ボールの中身は――

【「岩室温泉 ゆもとや」女将・高島涼さん】
「手袋です。お客様が使って頂くのもそうですし、私たちスタッフも着用していますし、1回使ったら使い捨てなので相当な数消費します」

秋の行楽シーズンに向けて感染対策を講じ、万全な状態で宿泊客を迎えようとしていましたが――

【「岩室温泉 ゆもとや」女将・高島涼さん】
「9月に入った途端に予約がすごく少なくなったのは(県独自の)「特別警報」が大きい影響だったんだろうなと感じています」

特別警報の発令に伴い、9月だけでも100件以上…、600人を超すキャンセルが入ったといいます。それだけに「県民割キャンペーン」の再開に期待を寄せます。

【「岩室温泉 ゆもとや」女将・高島涼さん】
「(県民割キャンペーンに)とても大きい効果が停止前はあったので、それを肌で感じているので再開されることを大きな喜びと感じております。これまで以上にコロナ感染症対策を徹底して細心の注意を払っていきたいなと思っております」

このほか、一時停止していたGoTоイート食事券の販売も9月22日から再開されることになりました。

こうした中、県内では15日、新たに39人の感染者が発表されました。新潟市で22人、五泉市で4人などで、このうち25人は感染経路がわかっていません。

【新潟県/花角英世知事】
「利用にあたっては感染防止対策をしっかり徹底していただきたいと思います。どうしても気持ちが開放的になりがちなシルバーウイークでありますので緊急事態宣言が出ている地域、あるいはまん延防止等重点措置が適用されている地域、そうした地域との往来については慎重に考えていただきたい」

秋の行楽シーズンを迎えるなか県はあらためて感染対策の徹底を呼びかけています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース