新潟県内の山沿いの一部地域で積雪 気象台の3か月予報では“この冬の降雪量は平年並みか多い”

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.11.24 19:55

新潟に雪の季節が到来しました。新潟県内は11月24日、気温が下がって山沿いの一部地域で雪が積もりました。新潟地方気象台はこの冬の降雪量について“平年並みか多い”と予想しています。

一面真っ白に染まった妙高市の燕温泉。24日の朝、自動車の上にはまとまった雪が積もっていました。冬型の気圧配置の影響で、新潟県内は山沿いの一部地域で雪が降り、住民は雪かきに追われていました。

〈住民は〉
「11月に積雪があるのは珍しいですね。これだけ積雪があるというのは非常に驚きました」

気温も下がりました。津南町では最低気温0.7℃を観測。県内28か所の観測地点のうち、9か所で今シーズン一番の冷え込みとなりました。

24日は風も強く、佐渡市相川では最大瞬間風速29.7メートルを観測しました。佐渡汽船のジェットフォイルは、しけのため全便が欠航しました。

これからの雪の季節に準備しておきたいのが冬用タイヤです。

<リポート>
「本格的な冬を前に、こちらではタイヤの交換作業が行われています。まさに休む暇なく作業が進められています」

新潟市中央区にあるカー用品店『オートバックス新潟中央店』では、1日に30台ほど冬用タイヤへの交換作業を行っています。すでに12月上旬まで予約が埋まっているということです。

〈タイヤ交換に訪れた人は〉
「去年までのものが古くて1年間履き潰したので、そのまま今年切り換える。最近は雪の降るタイミングがまちまちで、降るとすごいでしょ。だから早めに」

『オートバックス新潟中央店』では、冬用タイヤの溝が減っていたりパンクしていたりといったトラブルがあった場合に対応するためにも早めの交換を呼びかけています。

〈オートバックス新潟中央店/杉戸俊弘店長〉
「どうしても新潟は雪が降りますので、どうせ冬用タイヤを履くのであれば早く暖かいうちに準備しておいていただければと思います」

新潟地方気象台は11月24日、3か月予報を発表しました。県内はラニーニャ現象のため寒気の影響を受けやすく、向こう3か月の気温は平年並みか低く、降雪量は平年並みか多い見込みです。

特に12月は冬型の気圧配置になりやすく、平年よりも曇りや雨または雪の日が多い見込みです。

県内では25日夕方までの24時間に降る雨の量が下越で100ミリなどと予想されています。
新潟地方気象台は、下越・中越・佐渡では土砂災害に、佐渡では強風に対して注意・警戒するよう呼びかけています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース