コメの作況指数 新潟県全体で「やや不良」となる見通し

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.10.13 12:09

ことしのコメの収穫量を平年と比較する作況指数が発表されました。新潟県全体では「やや不良」となる見通しです。

北陸農政局によると、新潟県内のコメの作付面積は12万1400ヘクタールで、去年から400ヘクタールの減少が見込まれます。
9月25日現在の県内の作況指数は平年の収量を「100」とした場合、県全体は「96」で「やや不良」となりました。8月台風や日照不足などで登熟が進まなかったことが要因とみられています。

地域別では7地点のうち6地点で「やや不良」。一番低いのは下越南、中越、佐渡で「95」でした。上越は「101」の「平年並み」となっています。

最終的な作況指数は12月に確定する予定で、このまま確定すれば県全体で「やや不良」となるのは2018年以来、3年ぶりのことです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース