GWも後半 “藤の花”に多くの見物客 北方文化博物館 去年は臨時休業

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.05.04 16:27

 ゴールデンウィークも後半に入りました。去年の連休は緊急事態宣言を受け、臨時休業した新潟市の北方文化博物館にも4日、大勢の観光客が訪れていました。

 青空に映える鈴なりの藤の花。新潟市江南区の豪農の館、北方文化博物館です。
 4日は晴天に恵まれ、樹齢150年、見事に咲き誇る藤の花を見ようと大勢の家族連れなどでにぎわっていました。
 去年のゴールデンウィーク、北方文化博物館は全国に緊急事態宣言が出されたことを受け臨時休業し、藤の花を多くの人に見てもらうことができませんでした。
 ことしは消毒や検温など感染対策を徹底し2年ぶりに見物客を受け入れました。
 訪れた女性は「(連休中は)ずっと家にいました。出かけたのはここだけです」と話していました。
 一方、県外からの旅行者でにぎわうスポットもありました。県内の特産品をとりそろえる新潟ふるさと村です。
 お土産を買い求める旅行者の姿が多く見られました。
 山梨県から訪れた男性は「休みがあるのがここだけだったので来ました。関東よりは長野や新潟はきやすい感じがあります」と話していました。
 仙台市から訪れた夫婦は「ずっと我慢していたので。極力、買ったらすぐ帰ります」
 多くの人出があった県内の観光スポット。引き続き感染対策との両立が求められています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース