上越市「高田城」の全体模型が公開 約7年かけて精巧に再現

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.09.13 12:06

上越市の高田城を再現した精巧な模型が公開され、9月12日、制作者による解説が行われました。

模型を制作したのは「高田城復元ネットワーク」の丸山秀一さんです。約7年かけて、シンボルである三重櫓に加え、明治時代に火事で焼失した「本丸御殿」の一部を模型で再現しました。
史実に基づき制作され、三重櫓の瓦には竹ひごを使うなどリアルな質感を再現したといいます。

〈見に来た人〉
「すばらしい。上越高田もいいところがあるんだと思った」

〈制作者 丸山秀一さん〉
「多くの方に高田城はこういう形だった、こういう建物があったというのを知っていただき、市民の声から復元したいという機運が高まってほしい」

丸山さんは今後も「様々な場所に展示していきたい」と話しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース