長岡市で“1年遅れ”の成人式 新型コロナで2度延期

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.05.03 16:15

 1年遅れでの開催です。長岡市では新型コロナウイルスの影響で2度延期になっていた“成人式”が開かれました。
 華やかな振袖やスーツに身を包み集まったのは、全員、昨年度に成人を迎えた新成人たち。長岡市では新型コロナウイルスの影響で2度にわたり延期していた成人式が“1年越し”に開催されました。
 ことしは感染拡大地域からの参加を制限。式典は2部制で、同窓会など控えるよう呼びかけられていました。
 【新成人代表・岡田龍成さん】
「成人を迎えたいま、いつまでも下を向いてはいられません。復興魂の根付いた長岡の地で育った私たちなら、必ず明るい未来を築けると思います。前をむいて一歩一歩着実に進んでいきましょう」
 県外に住むため、ビデオで決意の言葉を述べた新成人代表の岡田龍成さん。空襲や災害など何度も困難を乗り越えた長岡の歴史を振り返り、気持ちを新たにしていました。
 【新成人】
「1年遅れちゃったけど(式典が)できたので、それだけでも十分と思います」
 「学生だとまだ大人って感じがしないけどこうやって成人式を迎えてまた一歩(おとなに)近づいたかなと思います」
 「このご時世なのでお酒のめないですけど、新型コロナが明けたらいっぱい飲めるように、それまで楽しみをためておきたいと思います」
 今年度の新成人の式典は9月に予定されています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース