米菓メーカーが新施設をオープン 小学生が梱包工程など裏側を見学

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.10.11 19:16

米菓メーカーの三幸製菓が10月1日、工場見学施設をオープンさせました。11日は早速、小学生が訪れ、人気商品の製造ラインを見学しました。

子どもたちの視線の先にあったのは・・機械から次々と流れ出てくるおせんべい。ここは、三幸製菓の工場見学ができる施設「ぱりんぴあ」。日本の食文化である米菓の魅力を子どもたちに伝えていこうと10月1日、新発田市にオープンしました。

10月11日、施設を訪れた村上南小学校の3年生が人気商品「ぱりんこ」の味付けや梱包の工程を見学しました。
そして、見学の後のお楽しみは・・・

「出来立ての“ぱりんこ”を試食していただきたいと思います」

子どもたちは出来たてのおいしさを味わっていました。

〈児童〉「機械の種類が思ってたよりあって、それぞれの役目を果たしてた」

ぱりんぴあの見学は小学生の社会科見学が対象で、事前の予約が必要だということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース