医薬品の販売許可がないのに販売目的で薬を貯蔵した疑い 三条市の会社経営者を逮捕

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.09.14 20:37

医薬品の販売許可がないのに販売目的で薬を貯蔵していた疑いで、三条市の会社経営者が逮捕されました。

警察は“医薬品の無許可販売目的貯蔵”の疑いで、三条市荒町の中原尚彦容疑者(59)を9月14日逮捕しました。

医薬品の販売許可がないのに、ED治療薬の成分であるシルデナフィルなどを含有する錠剤4種類251錠を、自らが経営する三条市の古物営業店で販売を目的に貯蔵していた疑いが持たれています。

警察によりますと、中原容疑者は容疑を認める供述をしているということです。

4種類の錠剤はいずれも外国産で、日本では承認されていない薬です。

警察は薬がすでに販売されていたことも確認していて、動機や入手ルートなどをくわしく調べています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース