食料品などを無料提供 ひとり親家庭を『フードパントリー』で支援

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.06.07 12:28

経済的に厳しいひとり親家庭のために食料品などを無料で提供する『フードパントリー』が6月6日、新潟市で行われました。

万代島多目的広場で6日に開かれた『フードパントリー』。約130世帯のひとり親家庭が会場を訪れました。

『フードパントリー』は寄付された食料品などを困っている人に無料で提供する支援活動です。この日は衣類やトイレットペーパーなどの日用品も提供されました。

会場を訪れた母親は「これから夏休みとかで、家で一日3食用意することもある。こんなにたくさんもらえるとすごく助かります」と話していました。

この日の『フードパントリー』の主催者がことし4月にひとり親家庭を対象に行ったアンケート調査では、新型コロナの影響もあり、去年の同じ時期と比べて収入が減った家庭が4割を超えているという結果が出ています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース