新潟県見附市 ワクチン集団接種で誤接種

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.06.07 18:42

見附市は、新型コロナワクチンの集団接種で、ワクチンが入っていない空の注射器で60代女性1人に接種するミスがあったと発表しました。

女性は改めて接種を行い、体調に問題はないといいます。

見附市や見附市立病院によりますと、5日午前、見附市立病院で行われた集団接種においてワクチンが入っていない空の注射機で60代女性1人に誤って注射してしまったといいます。

女性の体内に空気が入りましたが、健康への影響は確認されていないとしています。

接種後に誤りに気付いた病院は、その日のうちに女性に連絡、改めてワクチン接種を行い、健康観察を行っているといいます。

病院によりますと、接種の準備の際に、ワクチンが入ってるものと入っていない注射器が混在し、看護師が確認せず、誤って空の注射機で接種してしまったといいます。
見附市立病院は「確認体制を強化し、再発防止を徹底したい」としています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース