若手工芸作家を支援 新潟市の雪梁舎美術館で“工芸2021”開催

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.11.24 11:59

若手工芸作家の育成と支援につなげようと新潟市西区で作品展が開催さています。

雪梁舎美術館で開催されている「工芸2021」は若手工芸作家の育成と支援を目的に県内出身の50歳以下の作家と日本海側にある6つの大学の学生を対象に作品を募集しました。76点の応募から審査員の投票により受賞作品が決まり、表彰式が行われました。

大賞に選ばれたのは県内に住む平戸亜海さんの作品です。
羊の柔らかい質感を表現し暖かさを感じる作品になっています。

この作品展は12月26日まで開かれています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース