“ワクチン・検査パッケージ” 花角知事「検査体制拡充の議論を」

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.09.11 17:44

花角知事は11日、全国知事会に出席し、ワクチンの接種歴や検査結果の陰性を証明する「ワクチン・検査パッケージ」の活用ついて、検査体制の拡充などを議論するよう国に求めました。

11日、オンラインで開かれた全国知事会。日常生活の回復に向けて政府が方針を示している、ワクチンの2回接種や検査結果の陰性を証明する「ワクチン・検査パッケージ」の活用について意見が交わされました。

<花角知事>
「ワクチン接種の進捗などを踏まえた日常生活回復に向けた考え方が示されたという事は社会経済活動正常化に向けた第一歩として評価したいと思います」

一方、様々な事情でワクチンを接種できない人がいることから、花角知事は検査体制の拡充などについて議論するよう国に求めました。

<花角知事>
「どういう形で検査を出来るのかその辺のところはこれからしっかり幅広く議論した上で整理していかなきゃいけませんね。どのタイミングでどういうことをやっていくのか、どういう場面から(行動制限の)緩和を始めるとか議論は本当にいろいろあると思います」

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース