【新型コロナ】新潟市で1人感染 県「ワクチン集団接種 来月中に終了」

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.10.13 19:55

新潟県内では10月13日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1人発表されました。1日の感染者の発表がひと桁となるのは1週間連続となります。県はワクチン接種が進んでいることを感染収束の要因にあげる一方、集団接種を11月中には終わらせる考えを示しました。

10月13日、県内で発表された感染者は新潟市で1人。新潟市以外の感染者は0人でした。

〈県感染症対策・薬務課/星名秋彦課長〉
「ワクチン接種が進んだことがいまの感染状況の収束に一番大きく影響していると捉えています」

こうした中、県はワクチン接種について最新の状況を発表しました。
1回目の接種を終えた人は約82%、2回目を終えたのは約73%で、いずれも全国トップクラスだということです。
県は希望者への接種をほとんど完了した市町村もあるとして、11月中には集団接種を終える考えを示しました。

〈県感染症対策・薬務課/星名秋彦課長〉
「11月くらいで集団接種は終わってしまうと思います。(ワクチンを)打つのに迷って予約をしなかった方については、今後、個別接種、医療機関の対応になりますので、市町村の集団接種がやっている間に、接種の検討をお願いできればと思います」

ワクチン接種は感染防止だけでなく重症化の予防につながるとして、県は接種を希望する人は早めに予約をしてほしいと呼びかけています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース