〈衆院選〉新潟県内6小選挙区 立候補を予定している人たち

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.10.14 20:25

10月19日公示の衆議院選挙。10月14日現在、新潟県内6つの小選挙区で立候補を予定している人たちを紹介します。

【新潟1区】
有権者が最も多く、新潟市の中央区・東区・西区などが選挙区となります。

立候補を予定しているのは、立憲民主党の前議員・西村智奈美(にしむら・ちなみ)氏。日本維新の会の元議員・石崎徹(いしざき・とおる)氏。自民党の新人・塚田一郎(つかだ・いちろう)氏です。

【新潟2区】
原発を抱える柏崎市と刈羽村、燕市や佐渡市などが選挙区となります。

立候補を予定しているのは、自民党の前議員・細田健一(ほそだ・けんいち)氏。共産党の新人・平あや子(たいら・あやこ)氏。国民民主党の新人・高倉栄(たかくら・さかえ)氏です。

【新潟3区】
村上市や新発田市、五泉市などが選挙区となります。

立候補を予定しているのは、立憲民主党の前議員・黒岩宇洋(くろいわ・たかひろ)氏。自民党の前議員・斎藤洋明(さいとう・ひろあき)氏です。

【新潟4区】
三条市や加茂市、新潟市秋葉区や見附市などからなる選挙区です。

立候補を予定しているのは、立憲民主党の前議員・菊田真紀子(きくた・まきこ)氏。自民党の新人・国定勇人(くにさだ・いさと)氏です。

【新潟5区】
合併前の長岡市や小千谷市、魚沼市などが選挙区となります。

立候補を予定しているのは、自民党の前議員・泉田裕彦(いずみだ・ひろひこ)氏。無所属の新人・米山隆一(よねやま・りゅういち)氏。無所属の新人・森民夫(もり・たみお)氏です。

【新潟6区】
上越市や十日町市、妙高市、糸魚川市などからなる選挙区です。

立候補を予定しているのは、自民党の前議員・高鳥修一(たかとり・しゅういち)氏。立憲民主党の新人・梅谷守(うめたに・まもる)氏。無所属の新人・風間直樹(かざま・なおき)氏です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース