JR越後線の列車が立ち往生 93人が車内に閉じ込められる

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.05.03 20:23

 2日、JR越後線の列車がブレーキの誤作動によって急停車しました。列車が止まったのは川にかかる橋の上。90人あまりの乗客が車内に閉じ込められる事態となりました。

 現場は新潟市の関屋分水にかかる橋の上。2日午後2時前、JR越後線の下り列車が川を渡る途中で何らかの原因で自動ブレーキが作動し、動けなくなりました。
 このトラブルで乗客93人が車内に閉じ込められる事態となりました。
 娘が乗車しているという男性は「娘は揺れたり、風が強いから怖いって言っているみたい。とりあえず乗客だけでもおろして安全な場所に、避難させてもらいたいと思います」と心配そうに話していました。
 復旧の目途が立たない中、JRの職員によって乗客に水が配られる場面もありました。
 事態が動いたのは約4時間後のこと。
 別の列車が駆け付け、立ち往生の列車と連結、そのまま車両を押して午後6時13分、関屋駅に到着しました。
 ケガ人などはいませんでした。
 乗客の男性は「橋の上だったのでけっこう揺れていました。このあと予定があったんですけど、キャンセルしました」と疲れ切った表情で話していました。
 JR東日本はトラブルの原因について詳しく調べています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース