J1昇格へ新たなスタート 新たに6選手が加入 アルビレックス新潟

この記事をシェア

  • LINE
新潟2022.01.13 19:47

J1昇格へ新たなスタート。サッカーJ2のアルビレックス新潟は1月13日、今シーズンのチーム編成を発表しました。今シーズンから指揮を執る松橋力蔵監督や新加入の選手たちが意気込みを語りました。

アルビレックス新潟には新人を含む6人が新たに加入しました。

<イッペイ シノヅカ選手>
「柏レイソルから期限付き移籍してきましたイッペイシノヅカです」

イッペイシノヅカ選手は思い切りのいいシュートが武器のアタッカーです。

浦和から加入した伊藤涼太郎選手は世代別代表の経験もあるドリブラーです。

〈伊藤涼太郎選手〉
「大きな覚悟を持ってこのチームに来ました。自分がこのチームに来た意味をピッチで…結果で証明したいと思っています」

高卒ルーキーの吉田陣平選手も楽しみな存在です。

〈吉田陣平選手〉
「自分の特徴としてはドリブル、パスなどのチャンスメイクなので自分からゴールにつながるプレーを意識して行けたらと思います」

吉田選手は新潟市出身。全国高校サッカー選手権では佐賀東高校のキャプテンとしてチームを牽引しました。

また、アルビレックス新潟は13日、若き10番・本間至恩選手と契約を更新したことも発表しました。

一方、指導者も新たな顔ぶれになりました。昨シーズン現役を引退した田中達也さんがアシスタントコーチに就任しました。

〈田中達也アシスタントコーチ〉
「また再びこのチームで仕事をできることを誇りに思います」

去年、J2で6位の新潟。J1昇格へ主力を残したうえで、1年間戦い抜くための補強をしたとしています。

〈松橋力蔵監督〉
「ゴールから逆算していく。優勝するには勝ち点80を超えているクラブがたくさんある中でそういうところを目指していく」

チームは来週からの高知キャンプを経て、2月19日のJ2開幕に備えます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース