子どもから親世代へ感染拡大 30代でも重症化 新潟県内は感染者数減少も 子どもを守るためにワクチン接種を

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.09.13 20:21

新潟県内では13日、新型コロナウイルスの感染者が新たに8人発表されました。1日の新規感染者数が一桁となるのはおよそ2か月ぶりです。

県内の新規感染者数は減少傾向にある一方、子ども世代から親世代へ感染が広がるケースが相次いでいます。

上越市では幼稚園関連で感染が広がっていて、感染者は13日までで19人になりました。

新潟市内でも保育園関連でクラスターが発生し、18人が感染しています。

最近は30代でも重症化している例があるとして、県は家庭内から感染を広げないよう対策を徹底してほしいと呼びかけています。

また、小学生や園児を感染から守るためには、大人世代がワクチンを打つしかないとして、打てるタイミングでワクチン接種をしてほしいとしています。



見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース