新潟市の8つの消防署が合同で消火訓練 住宅火災を想定

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.10.13 19:22

11月から秋の全国火災予防運動が始まるのを前に、新潟市の8つの消防署が合同で消火訓練を行いました。

新潟市消防局で行われた消火訓練。木造住宅の2階から火が出た想定で始まりました。新潟市の8つの消防署から計71人が参加し、いち早く消火活動を始めるための一連の流れを確認しました。

ことし新潟市内では10月12日までに111件の火災が発生しています。新潟市消防局はこれからの季節暖房器具の扱いに気を付けるよう呼びかけています。

〈新潟市消防局 小林佐登司 消防司監〉
「これから暖房器具を出して使われるお宅が増えてくると思います。(暖房器具を)出し始めの時についうっかりという火災が増えていきますので、もう1度、暖房器具の点検、使用についてご家族で安全を確認していただければありがたいと思います」

秋の全国火災予防運動は11月9日から15日まで行われます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース