〈衆院選・新潟2区〉公認争いに決着 自民公認は細田健一氏に決定

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.10.12 12:10

自民党は10月11日、衆議院選挙の公認候補を発表し、公認争いが続いていた新潟2区は支部長の細田健一衆議院議員が選ばれました。

新潟2区をめぐっては支部長の細田健一衆議院議員と、おととし自民党入りした鷲尾英一郎衆議院議員による公認争いが続いていました。
自民党は11日、第1次公認を発表し、2区の公認候補は細田議員に決定。鷲尾議員は比例の北陸信越ブロックに回ることになり公認争いが決着しました。
こうした中、自民党県連の幹部は11日に党本部を訪れ、鷲尾議員の比例順位を最上位とするよう申し入れました。
2区では、国民民主党の高倉栄前県議と共産党の平あや子前新潟市議も出馬を予定しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース