宇宙飛行士の虫歯予防に? 阿賀野市発のミント味スプレー

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.06.08 19:24

国際宇宙ステーションで使われる生活用品の候補に、新潟県阿賀野市で作られたスプレーが選ばれました。

【NPO法人あおぞら 本多佳美理事長】
「こちらの商品が、今回国際宇宙ステーションに持っていただく候補商品として選ばれたオーラルピースになります」

口の中をケアするミント味のスプレー。製造には障害のある人たちが携わっています。

<スプレーで宇宙飛行士の虫歯予防を>

阿賀野市の就労支援施設「あおぞらソラシード」。

知的障害や精神障害のある人などが通い、化粧品の製造などを手がけています。

【NPO法人あおぞら 本多佳美 理事長】
「それぞれの特性に合った作業工程に入っていただくことで、それぞれ間違いのない商品を仕上げる流れが出来ています」

今回、宇宙飛行士の生活用品として候補に選ばれたのが、この「オーラルピース」です。口の中にスプレーするだけで口臭の予防や歯周のケアができるといいます。

「あおぞらソラシード」が横浜市のベンチャー企業「トライフ」から委託を受けて7年前から製造してきました。

なぜこのスプレーが評価されたのか?
それは、飲み込める点にあるといいます。

【トライフ 手島大輔代表】
「口の中の菌に対する効果がある特許製剤が入っていながら、飲み込んでも安全な成分。宇宙は実験などで時間がないので、朝とか簡単にシュッとケアをしてもらうと虫歯菌、歯周病菌に対するアプローチがありますので簡単にケアできる」

「あおぞらソラシード」は、「オーラルピース」を年間1万本作っています。
自分たちのスプレーが宇宙へ飛び立つかもしれない。期待が高まっています。

【施設で製造に携わった横野永遠さん】
「ぜひ宇宙に持って行ってもらって、オーラルピースを皆が使って、さらにいろんな宇宙飛行士の間で広まって欲しいです」


オーラルピースは来月以降、国際宇宙ステーションに搭載するか判断され、認められれば来年度以降に宇宙に向けて打ち上げられる予定です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース