<新型コロナ>1回目のワクチン接種後に感染した場合2回目の接種は? 専門家に聞く (8)

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.10.13 15:09

新潟県内では新型コロナウイルスの新規感染者数は減少傾向にありますが、番組には様々な質問や疑問が寄せられています。専門家に聞きます。

厚生労働省・新型コロナウイルス感染症クラスター対策班のメンバーでもある新潟大学大学院医歯学総合研究科の菖蒲川由郷特任教授に話を聞きました。

番組に寄せられた質問です。
【上越市の男性から質問】
ワクチンを1回接種した後、新型コロナウイルスに感染しました。
2回目は受けた方がいいでしょうか?無症状で自宅療養をしていました。

Q)1回目の接種後に感染した場合、2回目は接種した方がいいのでしょうか?感染すると抗体ができるので必要ないのではと思う人もいるようですが・・・


【新潟大学大学院医歯学総合研究科 菖蒲川由郷特任教授】
「一度感染すると抗体ができるというのは確かだと思いますが、ワクチンでできた抗体というのは、さらに確実な抗体をつけるという意味があります。その意味で感染した人でも、2回の接種を終了するというのが奨められています」

Q)どのタイミングで打てばいいのですか?

【新潟大学大学院医歯学総合研究科 菖蒲川由郷特任教授】
「感染しても治癒すれば接種可能と考えられますが、治療内容により抗体カクテル療法を受けた場合は、アメリカなどでは90日あけて接種したほうがいいとしています。日本では明確に何日とは示されていませんので主治医と相談して接種時期のアドバイスを受けて頂くことになります」

※10月12日放送「夕方ワイド新潟一番」より抜粋。




見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース