新潟市のやすらぎ堤にチューリップを 計3万超の球根植える

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.10.13 19:29

新潟市のやすらぎ堤で春に花を咲かせようと10月13日、中学生がチューリップの球根を植えました。

13日午後、新潟市のやすらぎ堤に集まったのは新潟市立宮浦中学校の生徒約40人です。1時間かけて約1900個のチューリップの球根を花壇に植えました。
この取り組みは新潟市内の小中学生などに花への愛着を育くもうと新潟市が毎年行っているもので、ことしで28回目となります。

今後も周辺の小中学校や自治会などが参加し、11月にかけて計3万個を超える球根が植えられます。

〈生徒は―〉
「来年の春にきれいで鮮やかな花が咲いてほしいなと思います。たくさんの方に散歩とかで見て頂きたいです」

チューリップは来年4月中旬ごろから見ごろを迎えるということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース