新潟県内で新たに8人感染 2か月ぶりに一桁 「特別警報」など解除を調整中

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.09.13 19:27

新潟県内では9月13日、新型コロナウイルスの感染者が新たに8人発表されました。一桁となるのは約2か月ぶりです。県は14日、対策本部会議を開く予定で、独自の特別警報や飲食店などへの時短要請を解除することも視野に調整しています。

9月13日、新たに発表された県内の感染者は8人です。新潟市で5人、長岡市、上越市、五泉市でそれぞれ1人となっています。7月19日以来、約2か月ぶりに一桁の感染者数となりました。

県内では8月30日に県独自の特別警報が県内全域に拡大され、9月16日までの予定で飲食店などへの時短要請や一部施設の休館などの措置がとられています。
複数の関係者によりますと、県は14日、対策本部会議を開く予定で、新たな感染者の数が減少傾向にあるとして、県独自の特別警報や飲食店などへの時短要請について、新潟市以外は解除する方向で調整しているほか、新潟市については14日、最終的に判断するということです。

〈県感染症対策・薬務課/星名秋彦課長〉
「飲食店に対する営業時間の短縮要請は16日までということですので、営業時間の短縮要請をどうするのかは、それまでの間に(16日までに)専門家の方に意見を聞きながら判断していくことになるだろうと思います」

県は、感染者の数は減っているものの、職場や家庭内から感染を広げないよう基本的な対策を徹底してほしいと呼びかけています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース