新潟県独自の「特別警報」16日解除へ  新潟市を含め県内全域で調整

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.09.14 11:57

新潟県は新型コロナウイルスの感染拡大で県内全域に発令している「特別警報」について、新潟市を含め、期限となる9月16日で解除する方向で調整しています。

県は8月30日、県独自の「特別警報」を県内全域に拡大。飲食店などに対して営業時間の短縮を求めてきました。
発令以降、感染者は減少傾向にあり、県は期限となる9月16日で解除する方向で調整しています。
関係者によると、新潟市も解除の方向で調整していますが、感染のリバウンドを懸念する声もあり、直前まで状況を見極めるとみられます。

14日朝、花角知事は「きょうの分(感染者数)はまだ情報がありませんので、それも踏まえて検討することになる」と述べました。

県は新潟市については夕方に開く対策本部会議で最終判断する見通しです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース