新潟県内で200人感染確認 学校部活関連で新たに3つのクラスター発生 

この記事をシェア

  • LINE
新潟2022.01.14 18:19

新潟県内で14日、200人の新型コロナウイルスの感染が発表されました。
感染が発表されたのは新潟市で108人、新潟市以外で92人です。
県によると今週は前週に比べ感染者数は約6倍になっているといいます。
200人のうち約半数の98人が感染経路が不明(新潟市71人、新潟市以外27人)ということです。
県外往来のあった人は25人(新潟市19人、新潟市以外6人)確認されています。

これまでに判明しているクラスターでは、新潟市内の飲食店(クラブイベント)関連で、新たに新潟市9人、新潟市以外で1人が発表されました。

また県は学校の部活関連で3件の新たなクラスターを公表しました。

新潟保健所管内の学校部活関連で新潟市以外で新たに2人確認され計23人が確認されているといいます。
三条保健所管内の学校部活関連で新たに9人確認され計10人に。柏崎保健所管内の学校部活関連では新たに6人確認され計7人となりました。

県内の入院状況は1月13日時点で
・入院 165人(うち9人が中等症、重症はゼロ)
・宿泊療養 53人
・自宅療養 570人
・病床使用率 25.3%(入院165人/653床)


さらに県は直近2週間(1月1日~12日)で感染した県内の感染者589人の状況を分析し属性を集計したところ、いくつか特徴的なものがみられたといいます。

・学校関連 173人
⇒学校の部活の県外遠征で感染し県内の大会などで拡大。

・医療関連 58人
・高齢者施設関連 15人
⇒症状があっても出勤していた事例、職務の特性上、密接、密着が避けられず、感染リスクも高い。

県は、部活など大勢の人が集まる機会には特に体調に注意し、症状がある場合は、参加を控える、出勤を控えてほしいとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース