新潟県で2日連続200人以上の感染者 成人式の参加者からも感染確認…70~80人規模の会食が原因か

この記事をシェア

  • LINE
新潟2022.01.14 19:09

新潟県内では1月14日、新型コロナウイルスの感染者が新たに200人発表されました。新潟市では成人式に参加した人の感染も確認されています。

1月14日に発表された感染者200人の内訳は、新潟市が108人、柏崎市が15人、新発田市が10人などです。98人の感染経路がわかっていません。

新潟市は14日、今週感染が確認された人のうち、少なくとも20人が成人式に出席していたと公表しました。
1月9日、朱鷺メッセで成人式を開いた新潟市。約4000人が出席し、式典を2回に分けて開くなど感染症対策がとられました。
市は、感染が広がったのは式典ではなく、その後開かれた同窓会などの会食が原因だったとみています。わかっているだけで、70人から80人規模の2つの会食グループからそれぞれ数人ずつ。他にもいくつかの会食で数人ずつの感染者が出ているということです。

〈新潟市保健衛生部 野島晶子部長〉
「風邪のような症状がある時には速やかに医療機関の受診をお願いしたいと思いますし、もしそういう症状があった場合には一緒に行った方たちにも声をかけあって医療機関の受診やPCR検査を受けるなど、そこからさらに広がらないような努力をお願いしたいと思います」

また、クラブイベント関連のクラスターから派生して、医療機関で13人のクラスターが新たに発生したということです。

このほか、県によると、県内では学校の部活動関連のクラスターが3件確認されています。

また、県は感染状況の分析結果を公表しました。
県内の感染者は先週と比べて今週は6倍ほど増えたといいます。
また、病床の使用率は1月13日現在、約25%で、念のため入院している人が多いということです。

〈県福祉保健部 松本晴樹部長〉
「入院が本当に必要な患者はもっと少ない状況なので、今後、入院していただく患者さんを厳選していくことで医療体制は当面の間はひっ迫を免れる」

一方で、1月末から2月上旬にかけて感染の拡大がやってくることを見越して、それぞれの職場の業務計画などを立ててほしいと呼びかけています。

また、発熱、のどの痛み、せきなどの症状が出たら、現時点では無料検査所ではなく医療機関などですぐに検査を受けてほしいとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース