天皇杯2回戦 アルビレックス新潟は若手選手の活躍で金沢に勝利

この記事をシェア

  • LINE
新潟2021.06.10 17:43

若手選手たちが躍動しました。サッカーJ2のアルビレックス新潟は9日夜、天皇杯2回戦でツエーゲン金沢に勝利し、3回戦に進出しました。

J2首位のアルビレックス新潟は、リーグ戦の前節からスタメンを全員入れ替えて、チームとしては天皇杯初戦となる2回戦に臨みました。

前半23分、新潟はコーナーキックから田上のヘディングシュート!ゴールネットを揺らし、新潟が先制します。

その3分後、プロデビュー戦となった小見の突破から三戸がシュート!高卒ルーキー同士の連携で追加点を挙げると、前半42分には矢村が鮮やかに3点目を決めて試合を折り返します。

後半6分には再びルーキー小見がサイドを駆け上がり、最後は矢村がこの試合2点目となるゴール!

新潟が4対1で勝利し、3回戦進出を決めました。

2アシストの小見洋太選手は「突破は自信を持っている部分でもあるので、そのいい部分は出せたんですけど、オフェンスの選手なので得点は欲しかったと思います」と話しました。

次の試合は再びJ2リーグ。新潟は6月13日にホームで岡山と対戦します。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース